MENU
 

院長あいさつ

わきや内科クリニックの想い

ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。院長の脇谷 勇夫です。
わきや内科クリニックは、平成9年に一般内科・胃腸科(内視鏡検査)を主に診療するクリニックとして開院いたしました。
診療にあたっては、まず患者さんの訴えを大切にしてよく聞き、丹念な診察を行った上で診断することをモットーにしています。
胃腸科の専門性を生かした上で、かかりつけ医として皆様の健康増進のために努力したいと思っています。

院長経歴career

脇谷 勇夫 (わきや いさお) 【昭和28年生】
Dr.Isao Wakiya
【昭和54年】
岡山大学医学部医学科卒業
倉敷中央病院内科勤務
【昭和62年】
学位取得(岡山大学医学部)
【昭和63年5月-6月】
ニューヨークにあるベスイスラエルメディカル
センターで新谷弘美先生に大腸内視鏡検査を
直接ご指導いただきました。
【平成2年】
倉敷中央病院内科医長
【平成7年】
倉敷中央病院内科部長
【平成9年】
倉敷中央病院内科 退職
わきや内科クリニック 開院

■資格
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 学会指導医
日本消化器内視学会 中国四国地方評議員
日本消化器内病学会 中国四国支部評議員
日本医師会認定産業医

■その他所属学会
日本糖尿病学会
日本東洋医学会
日本大腸肛門病学会
日本禁煙学会

医院での取り組み

院内感染を防ぎます

院内・待合室は空気殺菌脱臭装置を完備しており、
院内の安心環境づくりを心がけております。
浮遊する細菌、ウイルスや花粉、カビの胞子などを
オゾンと紫外線により殺菌除塵フィルターで除去し、空気感染を予防します。

勉強会

わきや内科クリニックでは定期的に勉強会を行っております。
進歩する医学に遅れをとらないように、新しい知識を医師・看護師共に取り入れていきます。

©2018 わきや内科クリニック